第34回 ベルギー王国 人口 11,116,242 首都 ブリュッセル

通称ベルギーは、西ヨーロッパに位置する連邦立憲君主制国家。隣国のオランダ、ルクセンブルクと合わせてベネルクスと呼ばれる。首都ブリュッセル(ブリュッセル首都圏地域)は欧州連合(EU)の主要機関の多くが置かれているため、”EUの首都”とも言われており、その通信・金融網はヨーロッパを越えて地球規模である。憲法上の首都は、19の基礎自治体から成るブリュッセル首都圏の自治体の一つ、ブリュッセル市である。
19世紀にネーデルラント連合王国から独立した国家で、オランダ語の一種であるフラマン語が公用語の北部フランデレン地域と、フランス語が公用語の南部ワロン地域とにほぼ二分される(この他にドイツ語が公用語の地域もある)。建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、1993年にフランデレン地域とワロン地域とブリュッセル首都圏の区分を主とする連邦制に移行した。

ベルギーといえばビール、チョコレート、ワッフル、小便小僧、オードリー・ヘプバーン、カール・ゴッチといったところでしょうか?

子供の頃、小学校には、小便小僧、二宮金次郎像、白い木の箱に入った温度計が置いてあるのが定番でした。どこの小学校も小便小僧のチ〇コが折られていて(悪戯?)水が止められていた気がします。ちなみの本物のベルギーにある小便小僧は盗難にあい現在設置されているのはレプリカだそうです。ちなみに小便少女の像もあるみたいです