今日の豆知識は地域によってこんなに違うお雑煮

私の実家では、焼いた角餅を醤油ベースのかつおだしで煮る愛知、愛知県タイプで、具材は白菜と、白ネギ、青菜。お椀に盛り付けてから鰹節をかけて食べます。地域によって全然違いますね~

関東
角焼きもちを入れたすまし汁仕立てが一般的。

岩手県の三陸海岸地方
醤油仕立ての雑煮にクルミをすり潰して作ったタレを添え、このタレに雑煮餅をつけて食す。

宮城県
宮城県の仙台雑煮は「海の幸」「山の幸」をふんだんに使った豪華さで有名である。 松島湾で取れたはぜの焼き干しで出汁を撮り、凍みらせた「ひき菜」、凍み豆腐、からとり(里芋の茎を干したもの)、セリ、はらこ等を入れるのが特徴。

千葉県東北部
地元の濃口醤油を使用し海でとれるハバノリをかける。

東京近郊
削り節を使ったすまし汁で、鶏肉と小松菜などを使ったシンプルな雑煮。

新潟県
鮭やイクラなど具が多く、町おこしのためのイベントを開催する。

愛知県
削り節と醤油を合わせたすまし汁に、角餅と青菜(名古屋近辺では「餅菜」と呼ばれる小松菜によく似たもの、豊橋近辺では水菜)を入れて煮たあと削り節をかける最もシンプルなもの



関西
丸餅を茹でたものが一般的。

島根や鳥取の一部
小豆汁に餅を入れた「小豆雑煮」

広島県

牡蠣が入る事もある。餅は丸餅で焼かずに茹でる

徳島県と高知県の県境にある祖谷山
マイモ(サトイモの親芋)と豆腐だけが入ったイリコと昆布の出汁の澄まし汁を食べる。これはこの地では米が育たず餅が貴重品だった事に由来する。また、芋3つの上に、大きく切った豆腐を2つ十文字に重ねて載せるという特長的な盛り付けをするが、これは平家が戦で刃を交えた様子を表しているといわれ、この見た目から『うちちがえ雑煮』と呼ばれていた。

福岡県とその近隣
焼きアゴでダシを取り、カツオ菜(高菜の一種)や塩ブリ等が入った「博多雑煮」を食べる。栗の木の枝の先端だけを削った「栗はい箸」で食べるのが伝統。

長崎県島原市近隣
季節や風習にとらわれずに通年食べられる物もある。

宮崎県
しし肉入りの雑煮。

沖縄県
正月に雑煮や餅を食べる風習はなく、祝時の汁物としてはイナムドゥチや中身汁がポピュラーである。しかし同じ琉球文化圏に属する鹿児島県奄美地方においては比較的普及している


写真は徳島県と高知県の県境にある祖谷山の雑煮です