政令指定都市をちゃんと説明できますか?

を政令指定都市とは

第二百五十二条の十九 政令で指定する人口五十万以上の市(以下「指定都市」という。)は、次に掲げる事務のうち都道府県が法律又はこれに基づく政令の定めるところにより処理することとされているものの全部又は一部で政令で定めるものを、政令で定めるところにより、処理することができる。

ざっくりいうと、政令指定都市というのは都道府県と同格に使われるため、これまで都道府県が行っていたような業務を行う権限を持つようになります。県の中にもう一つ県が出来るような感じです

政令指定都市(2018年2月現在)
①神奈川県横浜市3,733,234
②大阪府大阪市2,713,157
③愛知県名古屋市2,314,125
④北海道札幌市1,963,309
⑤福岡県福岡市1,567,189
⑥兵庫県神戸市1,532,153
⑦神奈川県川崎市1,503,690
⑧京都府京都市1,472,027
⑨埼玉県さいたま市1,286,082
⑩広島県広島市1,198,555
⑪宮城県仙台市1,086,377
⑫千葉県千葉市975,140
⑬福岡県北九州市950,646
⑭大阪府堺市834,267
⑮新潟県新潟市804,152
⑯静岡県浜松市796,114
⑰熊本県熊本市739,858
⑱神奈川県相模原市722,157
⑲岡山県岡山市721,294
⑳静岡県静岡市699,087

ネクスト政令指定都市
千葉県船橋市622,890
鹿児島県鹿児島市599,814
埼玉県川口市578,112
東京都八王子市577,513
兵庫県姫路市535,664
栃木県宇都宮市518,594
愛媛県松山市514,865
大阪府東大阪市502,784


赤字は人口が減している都市。
※いろいろなデータを組み合わせているので多少の誤差はあります