焼き肉わかりますか?


タン → 牛の舌。舌の付け根(タンモト)は、脂肪がのった霜降り状の柔らかな部位。

肩  → うで部分を総称し「肩」と呼ぶ、みすじ、さんかく、とうがらしなど数多くの筋肉の集合体
(ざぶとん・とうがらし・みすじ・さんかく)

肩ロース  → 最も大きな部位のひとつ。霜降り脂肪が適度にあり、風味が良い。

リブロース → 胸最長筋の最も肉厚部分の部位。サシが入りやすくきめが細かい。

ヒレ  → サーロインの脊椎内側の細長い筋肉部分の部位。とても柔らかくて脂肪が少なく上品な味が特徴。一頭の牛でヒレの占める割合はおよそ3%の希少部位で、サーロイン、ロースと並ぶ高級部位

サーロイン → リブロースからモモに続く部位。柔らかく甘みがあり、ジューシーな霜降りが多いのが特徴。あまりの美味しさにサー(Sir)の称号を授けられたことからサーロインと呼ぶようになったと言われている。


ランプ → サーロインにつながる部位。腰からお尻にかけての大きな赤身で、肉のきめが細かく風味もあり柔らかい。赤身肉として貴重な部位

イチボ  → お尻の先の部分の希少部位。一頭から極少量しかとれない貴重な部分です。 霜降りの甘さと赤身の旨みが合わさった「通」好みのお肉。

テール → しっぽ部分。いわゆるテールスープに使われている部位。

外モモ → ももの外側の部位。外ももは、内ももよりすこし硬めで赤身中心

内もも、しんたま → 後ろ股の付け根の内側にある部位。脂肪が少なく赤身で柔らかい

ホルモン → 内臓の総称とされる「ホルモン」。焼肉店では牛の大腸や小腸にあたるを指すことが多い。 大腸は朝鮮語で「テッチャン」と呼ばる

カイノミ → バラの一部でヒレ肉の近くにある部位。とても柔らかく、脂も程よく入っており牛肉本来の旨味を味わえる

スネ → 牛のすねにある部位。最も運動量が多いため、筋やケンが多く脂肪がほとんどない

レバー → 肝臓の部位。牛の肝臓は非常に大きいのが特徴


ミノ(胃袋) → 牛の第1胃の部位。肉厚で純白に近い色をしており、歯ごたえと淡白な味わいが特徴。切り開いた形が蓑傘に似ていることから「ミノ」と呼ばれている

ハラミ → 横隔膜の筋肉の部位。腰椎に接する部分は”サガリ”と呼ばれる


カルビ → アバラ骨辺りの部位。「カルビ」とは韓国語で「アバラ骨の間の肉」

焼き鳥に続き、知らずに食べている部位が多かったです・・(´・ω・`)