第97回 キュラソー島 人口 142,180  首都 ウィレムスタット

ベネズエラの北約60kmのカリブ海に位置するオランダ王国の構成国。面積は444km2。キュラソーとはポルトガル語で「聖心」という意味である。

ラム酒をベースにキュラソー産オレンジの果皮を用いたリキュールであるキュラソー酒の産地として有名。 ウィレムスタットは自由港として国際貿易中継地である。観光にも力を入れている。失業率は13%である。タックスヘイブンとして知られるが、マネーロンダリングやテロ支援への対策を行っている。売春が認可されている。

2010年10月10日、オランダ領アンティルは解体され単独の王国構成国となった。

杉浦千畝
第二次世界大戦前、ナチス・ドイツに迫害されたユダヤ人たちが出国するために用いられたのが、オランダ亡命政府の非常勤領事ヤン・ズヴァルテンディクによって発行されたキュラソー島へのビザであった。当時のオランダは、ユダヤ人への偏見が比較的少なかったため、他の欧米諸国が発行していなかったユダヤ人向けビザを発行していた(もっとも、本国はナチス・ドイツに占領されたため、植民地であるキュラソー島向けビザを変則的に発行した)。
実際には「キュラソー入島」ビザは「名目上の行き先」であり、「途中経由地」であるアメリカや上海で旅行を終了するユダヤ人が多数であったのであるが、それを承知の上で、当時のリトアニア、在カウナス日本国領事杉原千畝は日本国通過ビザを発行した。結果、ユダヤ人難民の数千人の命を救うことになる。
この逃亡のためのビザは「キュラソー・ビザ(Cura?ao visa)」と呼ばれる。

キュラソー島といえば・・杉原千畝くらいしか知りませんでした。しかも近年知りました・・(´;ω;`)ウゥゥ

主都のウィレムスタットの町並みがユネスコの世界遺産に登録されている。
野球が盛んで第3回WBC準決勝、第4回WBCも同様に2大会連続で準決勝まで勝ち進んだ
※オランダ王国構成国の為、オランダ代表として出場
ウラディミール・バレンティン外野手(ヤクルト)の出身国だそうです

ウィレムスタット パステルカラーの町並み